Skip to content

株式会社東亜建設

株式会社東亜建設の画像1

ひとびとの生活や価値観は時代につれて変化していきます。しかし、住まいに対し求められるものは、「快適さ」や「やすらぎ」といった普遍的なものではないでしょうか。

株式会社東亜建設は八王子市を中心に2,500棟以上の施工・販売実績を誇る地域密着型工務店。基本的な快適さ・やすらぎを重視しながらも住まいの多様なポテンシャルを追求し続けています。

また、行政や市民、事業者などと連携しながら街づくりから地域社会に貢献することも、東亜建設の得意とするところです。さらに、総合住宅メーカーならではのアプローチで、地球環境への負荷を低減する努力も欠かさず、自然環境との調和を心がける工務店です。

住まいへのこだわりも強い

株式会社東亜建設の画像2

東亜建設は快適で安らぎのある住まいを目標に多くの街づくりや開発に取り組んできました。東亜建設が中心となって進めた「小宮駅前開発事業」もその一例です。新築された2棟の賃貸マンションの1階部分には多様なテナントを誘致。そうすることで小宮駅前はより発展し、便利な街として活気を帯びました。

建売分譲住宅に関しても同様です。緻密な街区計画をともなう住宅地は閑静で豊かな住環境を誇っています。

■ 懐かしくも永遠のコンセプトを徹底

たとえば、東亜建設がプロデュースする建売分譲住宅「さつき野台」シリーズでは「ひろびろ庭付き一戸建てのマイホーム」というコンセプトを掲げています。なんだか昭和をイメージするような懐かしい感じですよね。

しかし、昨今は土地と建物の面積を最低眼で確保することが恒常化してしまっており、余裕のある暮らしからは遠ざかってしまっている現状があります。家族が集い、憩える場所とは言い難い住宅も少なくありません。

東亜建設「さつき野台」シリーズは、家はできるだけ大きく、庭も広く、カーポートも2台分を確保しています。このようなゆとりこそ、快適で安らぎのある住まいの基本と言えるでしょう。

■ 住まいにも開放感を重視

「さつき野台」シリーズでは建物内の空間においても開放感を重視しています。広い住空間を確保するため、まずは収納を効率的に配置。さらに吹き抜けや見通しの良さを駆使し、開放的スペースを演出します。

家族のライフスタイルの変化にも対応しつつ、末永く住まえる頑丈な構造、家事動線への工夫、果ては微細な使い勝手に至るまで、住むひとのニーズに応える家づくりを実現しています。

立地や環境にも配慮した開発を前提に、住宅一棟一棟にもここまで心を砕いているとなれば、建売分譲住宅であっても安心して住むことができそうですね。

住宅設備もハイレベル

株式会社東亜建設の画像3

東亜建設がプロデュースする建売分譲住宅「アゼリアシリーズ」に採用されている住宅設備を見てみましょう。ここにも東亜建設のこだわりがうかがえます。

■ キッチン

食器洗い乾燥機で家事を軽減。火を使用しない安全なIHクッキングヒーターには水無両面グリルを搭載しており、センサーに手をかざすだけで吐水や止水、シャワー切り替えが可能なタッチレス水栓も便利です。

■ バスルーム

ひろびろサイズのバスルームにはベンチがあり、ゆったりとくつろぐことができます。浴室換気乾燥機も付属。雨の日でも部屋干し不要です。

■ パウダールーム

継ぎ目や隙間の無い化粧台は汚れが付いてもサッと拭くだけでOK。くもらない『くもりシャット』のミラーは電気も使用しない新感覚ミラーです。

■ トイレ

便器には従来の釉薬の上に特殊なガラス層を焼き付けるセフィーオンテクトを採用。便器内部表面を100万分の1mmのナノレベルでなめらかに仕上げ、汚れが付きにくい上に落ちやすいため、ツルツル状態が長持ちします。

■ フローリング

天然木の持つ固有の美しさを巧みに再現したフローリング「リアルグレインアトム」採用。「傷や汚れに強い」「美しさが長持ちする」など機能的であることに加えて、豊富な品揃えから最適なアイテムを選べる良さもあります。

そのほかにもこだわりがいっぱい。住宅設備は暮らしやすさや快適さに直結しますので、できるだけ良いもの採用すべきでしょうね。

売主直売とアフターフォロー

株式会社東亜建設の画像4

東亜建設ではお客さまが安心して家を購入できるようさまざまな工夫をしています。

■ 売主直売の自社物件のみを紹介・提供

東亜建設は基本的に、お客さまに紹介・提供する物件は「売主直売」の自社物件のみ。末永く住まうことのできる物件を自信を持って提供するためです。

また、売主直売であれば「仲介手数料」不要で、その分お客さまに還元できます。家を買うことは何かと物入りですから、少しでも経費節減のお手伝いができるように考えているんですね。

■ 10年間の地盤保証

また、登録地盤会社が徹底した地盤調査を実施。結果を基に最適な基礎仕様プランを提案し、軟弱地盤であった場合には地盤改良工事を提案・実施します。

さらに上記による地盤補強工事や基礎形式が選択された住宅が不同沈下した場合、 東亜建設が建物本体の補修工事をするのはもちろんのこと、再発防止のための地盤補強工事、仮住居費用、身体財物にかかわる賠償費用を保証してくれます。

■ 住宅保証

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、「構造耐力上主要な部分」と 「雨水の侵入を防止する部分」に関する10年間の瑕疵担保責任の範囲を保証の対象とします。

「まもりすまい保険」
住宅保証機構株式会社の住宅瑕疵担保責任保険

※地震・台風などによる不具合、防虫処理、設備機器、自然の消耗などによる不具合は免責となる

売主直売であること、また、アフターフォローもしっかりしているため、東亜建設が買主にしっかりと配慮していることがうかがえますね。

まとめ

東亜建設についてご紹介しましたが、正直な印象として、注文住宅の建築にはあまり対応していないような印象を受けました。

しかし、売主直売の自社物件のみを紹介・提供しているということで、業界に習慣化した仲介手数料についても、お客さまファーストの立場で発生させないようにしているようです。また「街を創出する」という大きな視点から考えられた、暮らしやすい建売分譲住宅が提供できているのもポイントが高いです。

会社情報

・会社名 :株式会社東亜建設
・住所  :東京都八王子市南町3-9
・電話番号:042-686-1300
・営業時間:9:00~18:00
・定休日 :水曜日・年末年始・夏季冬期休暇