Skip to content
公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/16

八王子をエリア別にご紹介!地域の特徴を知って住みよい土地を見つけよう

自然豊かでありながら、都心までのアクセスがよい八王子に住んでみたいと思っている方は多いでしょう。八王子は以前から都心のベッドタウンとして人気の街です。エリアごとの特徴を詳しく知れば、八王子の中でも住みたい土地が見つかるでしょう。今回は、八王子をエリア別にご紹介します。地域の特徴を知って住みよい土地を見つけましょう。

八王子中央部

八王子の中央部は、都心にも自然にも抜群のアクセスであるエリアです。新宿駅までは八王子駅から電車で約40分であり、八王子駅は始発が多いため、通勤通学が座ってできることがメリットです。7路線が利用でき、乗り換えなしで東京・新宿・横浜まで行けます。

高速道路を使うと、都心だけでなく自然の山や海にもすぐに行けるため、たっぷりスキーやキャンプ、サーフィンなども楽しめます。中央道と圏央道を使うと、東名高速・東北高速・関越高速・常磐高速道路で、どこにでも便利に行けます。仕事、家族との時間、趣味も大事にしたいというような方におすすめです。

また、自然の緑、水、公園が身近にあることも魅力的です。八王子の大きなメリットは、登りやすくて街から近い高尾山、街の中心にある浅川など、身近に四季の移り変わりが感じられることです。大小多くある公園は、家族の生活や成長に応じて選べます。夏のシーズンには、生き物を水辺で探したり、ホタルを里山で見つけたりできます。八王子は、多くの自然とおいしい空気を満喫しながら暮らせます。夕やけ小やけふれあいの里では、豊かな山間の自然に触れることができます。

イベントとしては、ミツバツツジの花が開くときの「花まつり」、ホタルの夕べ、クリスマスイルミネーションなどが行われます。なお、夕やけ小やけふれあいの里は、八王子市上恩方町2030にあり、JR中央線高尾駅で降りて、西東京バス陣馬高原下行きで30分「夕焼小焼」で下車してすぐのところです。春のシーズンは浅川沿いの桜並木が楽しめ、秋のシーズンは黄金色に染まるいちょう並木が楽しめます。

八王子の中央エリアでは毎日のショッピングが困らないのがメリットです。スーパーや駅ビルだけでなく、アウトレットから老舗まで揃っています。また、八王子駅の周りは、暮らしに必要なものが揃っています。

大学病院が中核病院として2つもあり、身近なところで高度医療・救急医療も心配なく受けられます。医療費助成も所得制限なしで、しっかり中学生までサポートしています。八王子は、大学病院からかかりつけ医まであるため安心です。

食の面でも充実していて、いろいろな食文化が楽しめます。庶民派グルメからあこがれの高級店、個性派カフェ、焼きたてパンまでさまざまな店舗があり、八王子の味を楽しむために、都心から来る人もいます。名物の八王子ラーメンは、ほっとする味で、何回摂っても飽きないものです。

また、八王子野菜は都内で生産高がトップです。今朝採れたての八王子野菜は、都内で唯一の道の駅で入手できます。生みたての卵や採れたての野菜が、近くの直売所やスーパーなどで入手できるとともに、芸能人御用達の銘店もあります。催しでは、個性的なイベントが多いのも八王子の特徴です。

アートやグルメ、自然とふれあう体験など、個性的なイベントが多く、ワークショップやマルシェ、ライブなどが、いつもどこかで毎週末、多くあります。「八王子祭り」は70万人以上が毎年訪れるもので、勢揃いする山車の競演は非常に見応えがあります。遠くから訪れる人も多い大規模な祭りですが、八王子の住民となれば祭りを楽しめる穴場スポットも見つけやすくなるでしょう。

自然豊かな西部

八王子の西部は、アウトドアアクティビティが盛んなエリアです。野山を駆けめぐるヒルクライムやトレイルランニング、川沿いの四季が楽しめるジョギングなど、八王子はアウトドアアクティビティが盛んです。自然に囲まれた環境で、都心では味わうことのできないアクティビティを楽しめるのも八王子の魅力です。

平日は都心に通勤しながらも、週末には「ちょっとそこまで」といった感覚でキャンプやハイキングなど本格的なレジャーを楽しむこともできます。また、高尾山は、オリエンテーリングが発祥したところでもあり、アウトドア好きには八王子は最もおすすめできるホームグラウンドといえるでしょう。

高尾山は、都心から電車で1時間程度の距離です。山の中腹にケーブルカーやリフトを使って着けば、都内が見渡せます。秋のシーズンは、1ヶ月間に渡ってイロハモミジなどの紅葉が楽しめます。こうした自然豊かな環境は、子育てを行うにも最適ではないでしょうか。幼いころから四季の移り変わりによって色や形を変える自然と触れ合うことで、情緒を養うことができます。

また、元気いっぱいのお子さんでも窮屈な思いをすることなく、体を動かして遊ぶことのできるスポットが多くあります。高尾山は東京都八王子市高尾町にあり、京王高尾線高尾山口駅で降りてすぐのところです。たまに遊びに行って自然と触れ合うといったライフスタイルではなく、都心まですぐ出かけることができる八王子で、自然を身近に感じながら暮らすのは精神面で非常に豊かな生活ではないでしょうか。

その他のスポット

このように、魅力の多い八王子は観光地としても人気です。ここで全国的に有名な八王子のスポットをご紹介します。

■八王子城跡

山城の遺跡で、1571年に建てられたものです。1590年に八王子城そのものは落城しましたが、当時の面影は石垣や城壁などに残っています。しかし、城があった期間が短かったことなどから、当時の文献や資料があまりなく八王子城の正確な姿はわかりません。発掘調査とわずかに残った手がかりによる情報に基づいて、現在残っている部分を利用して改修、復元が可能な限り行われています。どのような構造に八王子城がなっていたかがわかります。

敷地は高低差があり広いため、靴は歩きやすいものにしましょう。八王子城跡は、車で圏央道八王子西ICから約10分です。バスのときは、霊園前・八王子城跡入口で降りて、徒歩で15分程度です。土日祝日は、八王子城跡行きのバスがJR高尾駅から運行されています。人気の観光スポットで、八王子の歴史に触れることができます。八王子に住み、そこが地元となれば観光スポットも地元目線でよりよい楽しみ方を発見できます。

■子安神社

皇后の安産のために奈良時代に創建されたといわれており、木花開耶姫命、天照大御神などが祭神されています。安産祈願の岩田帯、秋分の日の泣き相撲、底抜けひしゃくで有名です。場所は八王子駅から徒歩で5分のところです。営業時間は、時期によって違いますが、午前6時~午後5時です。

■森林総合研究所多摩森林科学園

森林に関係する研究成果を展示している森の科学館、桜を約1400本植えているサクラ保存林、約500種、6000本の国内外の樹木を植えている樹木園があります。桜はいろいろな品種が全国各地から集められており、花が咲く時期は見事です。ここから近い場所に住めば、春の時期は散歩がてらにお花見ができますね。場所はJR中央線高尾駅から徒歩で10分のところです。

 

この記事では、八王子を中央部、自然豊かな西部、その他のスポットについてご紹介しました。八王子に住んでみたいと思っている方はそれぞれの特徴を理解し、ご自身や家族の生活に適しているか確かめてみてください。